読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

掟上今日子の家計簿 / 西尾維新、叙述トリック解説と脱出ゲーム攻略に挑む今日子さん

あらすじと感想(ネタバレ注意) 掟上今日子の誰がために 掟上今日子の叙述トリック 掟上今日子の心理実験 掟上今日子の筆跡鑑定 関連エントリ 10月4日発売の注目マンガ 忘却探偵シリーズ7作目。眠ると記憶がリセットされる最速の探偵、掟上今日子の活躍を描き…

掟上今日子の婚姻届 / 西尾維新、付き合った男を不幸をもたらす女の秘密を看破

ドラマ化された忘却探偵シリーズ6作目。総白髪で眠ると1日の記憶を全部消し去ってしまう最速の探偵掟上今日子の活躍を描きます。 1作目、4作目に登場した隠館厄介が狂言回し役として登場します。不幸体質で冤罪で疑いをかけられるのがパターン化している厄介…

掟上今日子の遺言書 / 西尾維新、女子中学生自殺未遂の謎を最速で解決

ドラマ化された忘却探偵シリーズ4作目。総白髪で眠ると1日の記憶を全部消し去ってしまう最速の探偵掟上今日子の活躍を描きます。 1作目の備忘録に登場した、いつでもどこでも事件に巻き込まれて疑いをかけられる隠館厄介(かくしだてやくすけ)が再登場。再び…

カエルの楽園 / 百田尚樹、現代日本を風刺するシュールな楽園ナパージュ

突如現れた凶悪なダルマガエルに侵略され、安住の地を求めてアマガエルたちが旅立つところから始まるストーリー。次々と仲間が死んでいく中、生き残った2匹のアマガエル、ソクラテスとロベルトはツチガエルの国「ナパージュ」に辿り着きます。 百田尚樹先生…

掟上今日子の退職願 / 西尾維新、謎だらけの死体を前に最速の推理を展開する今日子さん

ドラマ化された忘却探偵シリーズ5作目。総白髪で眠ると1日の記憶を全部消し去ってしまう最速の探偵掟上今日子の活躍を描きます。 「退職願」で謎となるのは死体。15個に分割されたバラバラ死体、野球場のマウンド上にあった取り降り死体、92歳で誰からも恨ま…

ハケンアニメ! / 辻村深月、あらすじと感想

アニメ業界で働く4人の女性の活躍を描きます。タイトルのハケンアニメとは、覇権を取るアニメのこと。その期に放映されたアニメの中で、DVDなどのパッケージの売り上げが最も大きかった作品のこと。 各章のタイトルはキーパーソンの2人を現しています。 キャ…

ここはボツコニアン5 FINAL ためらいの迷宮 / 宮部みゆき、裏技で伝道の書をゲットして一気に魔王の待つためらいの迷宮へ

ボツネタでできているボツコニアンをより良い世界にするために旅する双子のピノとピピ。2人は伝説の長靴の戦士に選ばれたということで、封印の解かれたこの世界に起こる怪異に挑んでいきます。5巻で最終巻となりました。 二軍三国志、ホラーの村をクリアした…

ここはボツコニアン4 ほらホラHorrorの村 / 宮部みゆき、ホラーゲームが終わったら宇宙人の侵略戦争に

ボツネタでできているボツコニアンをより良い世界にするために旅する双子のピノとピピ。2人は伝説の長靴の戦士に選ばれたということで、封印の解かれたこの世界に起こる怪異に挑んでいきます。 当面の目的は、ボツコニアンを創造した魔王にあうために回廊図…

家族シアター / 辻村深月、家族の絆を描く明るい方の短篇集、あらすじと感想

辻村深月先生の短編集。暗い方じゃなく、「島はぼくらと」のような明るい方の辻村作品です。反目し合っているように見えて、心の深いところで強くつながっている家族の絆を描きます。 あらすじと感想(ネタバレ注意)

時間島 / 椙本孝思 / 松枝尚嗣、孤島で起こる連続殺人事件にタイムスリップ要素をミックス

椙本孝思先生の原作小説を松枝尚嗣先生が漫画化。ミイラ男の表紙が目を引きます。内容はというと、孤島の連続殺人モノ。サスペンスにタイムマシンネタを絡めてきます。 キャラクター紹介 キャラ名 説明 佐倉準 アルバイトAD、主人公であり物語は佐倉視点で進…

ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき、三国志ゲームに登場できないマイナーキャラたちが怪獣退治

主人公の双子ピノとピピが暮らす世界は、本物の世界から吐き出されたボツネタで成り立っているその名もボツコニアン。伝説の長靴の戦士に選ばれた2人が、ボツコニアンを本物の世界にするために世界を旅します。 ここまでのあらすじ アクアテクの街で、ピノピ…

ここはボツコニアン2 魔王がいた街 / 宮部みゆき、世界を創った魔王に会うためのフラグを立てつつ三国志の世界へ

主人公の双子ピノとピピが暮らす世界は、本物の世界から吐き出されたボツネタで成り立っているその名もボツコニアン。 伝説の長靴の戦士に選ばれた2人が、ボツコニアンを本物の世界にするために世界を旅します。 あらすじと感想(ネタバレ注意) モルブディア…

ここはボツコニアン / 宮部みゆき、ボツネタでできた世界を本物にするために冒険に旅立つ双子

宮部みゆき先生が送るファンタジー小説、のフリをしてRPG世界をメタりつつ双子のピノとピピの冒険を描きます。舞台となるボツコニアンは、ゲームのボツネタが集まった世界。伝説の「長靴の戦士」に選ばれた2人が、ボツコニアンに本物の世界のエネルギーを取…

探偵少女アリサの事件簿 / 東川篤哉、あらすじと感想(ネタバレ注意)

森ゆきなつ先生によって漫画家もされている東川先生のライトな推理小説。サブタイトルは「溝ノ口より愛をこめて」。 キャラクター紹介 キャラ名 説明 橘良太 31歳独身、24個を2千個と誤発注したことで仕事をクビに。どんな仕事も請け負う便利屋になありアリ…

花とアリス殺人事件 / 乙一 / 岩井俊二、あらすじと感想

2004年に長編実写映画として公開された「花とアリス」の前日譚が2015年に公開されたアニメーション映画の「花とアリス殺人事件」。岩井俊二監督によって作られたそのアニメーション映画を乙一先生がノベライズしています。 花とアリスは高校生になった荒井花…

十二大戦 / 西尾維新、干支の名を冠する異能の戦士がサバイバルバトル

西尾維新先生の能力バトル小説、挿絵は「聖☆おにいさん」の中村光先生。 干支の名を冠する12人の戦士たちが、「どんな願いでも、たった一つだけ叶えることができる」権利をかけて十二大戦と呼ばれる戦いに見を投じます。西尾維新先生が漫画原作を担当した読…

東京喰種[日々] / 石田スイ / 十和田シン、ホリチエと月山習の出会いも入った小説版第一弾

十和田シン先生による東京喰種の小説版。この[日々]は最初に出た作品で、小説版としては続いて[空白][昔日]があります。 最初に読んだのはかなり昔になりますが、読み返してあらすじと感想を残しておきます。本編にまったく出てこない一般喰種の描写があって…

少女不十分 / 西尾維新、書くのに10年かかった少女と僕の7日間の話

西尾維新先生が書くのに10年かかったと語る「少女不十分」。シリーズものが多い西尾維新先生の作品のなかでも、筆者の独白調でフィクションともノンフィクションともつかない物語にあとがきまで付くという一風変わった構成。 なんといっても目を引くのは物憂…

ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation、消化不良に終わってしまった部分の補足(ネタバレ注意)

15人で始まったコロシアイ学園生活が、3回の学級裁判を経て7人になってしまったところで中断してしまったノベライズが消化不良なので、残りの物語と伏線となっていた部分を埋めておきます。 現在残っている7人のキャラクターは以下の通り。 キャラ名 説明 苗…

葬式組曲 / 天祢涼、超展開オチが待ってる葬式ミステリー

都知事探偵の天祢涼先生による葬式と葬儀屋をテーマにした小説。 葬式の風習がほとんどなくなり「直葬」と呼ばれる速やかな火葬が一般的になった社会という設定で、舞台となるS県だけは未だに葬式が行われています。 高齢化社会で増える葬式に対して悪徳な葬…

ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation / 川上亮(2)、2回の学級裁判を経て12人から7人に、生き残るのは誰?

「人狼ゲーム」の川上亮先生によるダンガンロンパのノベライズ。 キャラクター紹介 キャラ名 説明 苗木誠 主人公にして、何のとりえもないけど運で学園入学の権利を得た超高校級の幸運 霧切響子 超高校級の何なのかを明かさないミステリアスな女の子 十神白…

ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation / 川上亮(1)、超高校級の高校生たちが脱出をかけてコロシアイ学園生活

川上亮先生といえば今や「人狼ゲーム」が超有名で、映画化もしています。そんな川上先生が「ダンガンロンパ」をノベライズ。 人狼ゲームと比較すると、複数の高校生が一か所に閉じ込められて、脱出のための殺し合いをさせられて、中に潜む殺人者を推理する、…

シンドローム / 佐藤哲也、隕石が飛来してから破滅を始める街で片思い相手が気になって仕方ない男子

ボクラノSFと銘打った福音館書店のシリーズ。 ある日、隕石が飛来した日から少しずつ壊れていく日常を、一日ごとに丹念に描きます。佐藤哲也先生の韻を踏んだリズミカルなやり取りと随所に挟まれた西村ツチカ先生の絵がすごくいい味。 キャラクター紹介 キャ…

掟上今日子の挑戦状 / 西尾維新、アリバイ・密室・ダイイングメッセージを見事に看破する忘却探偵

あらすじと感想(ネタバレ注意) 掟上今日子のアリバイ証言 掟上今日子の密室講義 掟上今日子の暗号表 関連エントリ 忘却探偵シリーズ3作目。過去2作は書き下ろしだったんですが、挑戦状にある3編はメフィストの掲載作。実は連載タイミングで言うと、推薦文よ…

タックスヘイヴン / 橘玲、シンガポールを舞台に国際金融を巡る陰謀うごめくハードボイルド小説、あらすじと感想

橘玲先生の国際金融をテーマにしたエンターテインメント小説。タイトルになっているタックスヘイヴンは通常、租税回避が行われる小国を指します。オフショアビジネスってやつですね。舞台は日本とシンガポール。 本作でも、お金持ちやいわくつきのお金をこっ…

セカ就! 世界で就職するという選択肢 / 森山たつを、海外に転職する場合もちゃんとしたスキルがないとダメ

「セカ就」という単語は日本だけじゃなく、世界を舞台にした就職にも目を向けてみようというコンセプトの就活のこと。著者の森山たつを氏は、日本オラクル→日産自動車→1年間の世界旅行→IT企業を経て世界7カ国で就職活動して内定だけ取った上で海外就職研究家…

掟上今日子の推薦文 / 西尾維新、芸術作品を巡る事件や謎を最速で解決、あらすじと感想

キャラクター紹介 あらすじと感想(ネタバレ注意) 鑑定する今日子さん 推定する今日子さん 推薦する今日子さん 関連エントリ 8月25日発売の新刊 「掟上今日子の備忘録」は「化物語」の西尾維新先生が描く探偵モノ。西尾先生の作品で初となる実写でのドラマ化…

純喫茶「一服堂」の四季 / 東川篤哉、安楽椅子探偵が猟奇殺人事件の真相を次々看破

東川篤哉先生の推理小説。どんな小説か述べる前にまずキャラクター紹介から、 キャラ名 説明 安楽椅子 みんなからヨリ子さんと呼ばれる純喫茶「一風堂」を営む女性 村崎蓮司 放談社の雑誌「週刊未来」の雑誌記者 天童美幸 鎌倉からちょっと離れたド田舎の葉…

掟上今日子の備忘録 / 西尾維新、眠ると記憶がリセットされる忘却探偵の活躍、あらすじと感想

簡単なキャラクター紹介 あらすじと感想(ネタバレ注意) 第一話 初めまして、今日子さん 第二話 紹介します、今日子さん 第三話 お暇ですか、今日子さん 第四話「失礼します、今日子さん」と第五話「さようなら、今日子さん」 関連エントリ 「掟上今日子の備…

ぼくは明日、昨日のきみとデートする / 七月隆文、京都を舞台にした切ない恋の話

七月隆文先生の恋愛小説、表紙はカスヤナガト先生。 京都を舞台に大学生である南山高寿と専門学校生である福寿愛美が出会い、恋に落ちて、それからを描きます。 学生が多く、素敵なスポットが数多くある京都で青春する描写がすごくいいです。そして、タイト…

サクラ咲く / 辻村深月、ラノベじゃなくてジュブナイル、あらすじと感想

「サクラ咲く」は辻村深月先生の短篇集。中学生向けのジュブナイル小説ですね。「約束の場所、約束の時間」「サクラ咲く」「世界で一番美しい宝石」の3篇からなります。 中学生向けということで明らかだとは思いますが、黒くてドロドロしたほうじゃなくて読…

盲目的な恋と友情 / 辻村深月、あらすじと感想

「盲目的な恋と友情」は辻村深月。ドロドロとした黒い方の辻村作品です。タイトルにあるように書かれるのは「盲目的な恋」と「盲目的な友情」の2つ。恋と友情の2章からなり、それぞれ一瀬蘭花(いちのせらんか)、傘沼留利絵(かさぬまるりえ)という2人の女性視…

ヨグ=ソトース戦車隊 / 菊地秀行、世界を敵に回して邪神の赤ちゃんを守る男たち

創土社のクトゥルー・ミュトス・ファイルズというクトゥルー神話をテーマにした小説シリーズの一つ「ヨグ=ソトース戦車隊」。作者は菊地秀行先生です。菊地先生の作品としてクトゥルー戦記と銘打った「邪神艦隊」に続く2作目。3作目は「魔空零戦隊」、舞台が…

ふたりの距離の概算 / 米澤穂信、マラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する古典部シリーズ第5弾

アニメ化もされた「古典部」シリーズの一冊。 文化系部活動が活発な神山高校で、主人公の折木奉太郎を中心とした男女4人が「古典部」として学校生活の中で生まれる謎を解いていきます。ちなみに古典部は、奉太郎と千反田えるが入部するまで部員0人で廃部寸前…

ルーズヴェルト・ゲーム / 池井戸潤、次々に襲いかかるピンチをご都合展開で切り抜ける中堅電子部品メーカーというおっさんホイホイ

池井戸潤先生の小説、ドラマにもなっています。テーマは社会人野球。 中堅電子部品メーカー青島製作所とその野球部を舞台としています。お金の話が尽きないのはいつも通り。会社がお金を出す社会人の部活動って本当に下火ですよね。野球やサッカーはまだ競技…

魔法使いと刑事たちの夏 / 東川篤哉、魔法で犯人に自白を強要する推理モノ風エンターテイメント小説

小山田聡介刑事が主人公の、推理モノの皮をかぶったエンターテイメント作品。小山田聡介をサポートするのが、魔女のマリィ。正真正銘の魔女で、魔法を使って真犯人を自白させたりしちゃいます。そんな聡介が惚れているのが39歳と妙齢の先輩である椿木綾乃警…

探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2 / 東川篤哉、エアコンとしてもミステリとしても霧ヶ峰の宿敵が登場

鯉ヶ窪学園を舞台にした霧ヶ峰涼シリーズの第2弾。 男みたいなエアコンみたいな名前の女子高生2年の霧ヶ峰涼が主人公の学園ミステリー。探偵部の副部長として、難事件?を次々に解決していきます。ドラマ化もされており、川口春奈さんが主人公を演じました。…

格闘する者に○ / 三浦しをん、講談社からなぜ一冊も出ないのかよくわかるデビュー作

三浦しをん先生のデビュー作、テーマは就活。 本好きで漫画好きでもある作者が、出版社への就職を目指して活動していたことが、作品内に反映されていますね。その就職活動中に、早川書房の編集者にその才能を見出されたことが、作家になるきっかけでした。 …

白ゆき姫殺人事件 / 湊かなえ、悪意渦巻くインターネットの炎上をテーマにしたイヤミス

湊かなえ先生のイヤミス(嫌な気持ちになるミステリー)作品「白ゆき姫殺人事件」。2012年に発表され、2014年には映画化されました。テーマはマスコミの報道被害や、インターネットにおける根も葉もない噂の炎上被害です。 化粧品会社の美人OLが殺害され、週刊…

オレたち花のバブル組 / 池井戸潤、ドラマ半沢直樹の原作2、出てくるのは本業以外のことに熱心なおっさんばかり

「オレたちバブル入行組」に続くドラマ半沢直樹シリーズの原作となる2作目。半沢直樹は、大阪支店から東京中央銀行営業第二部次長に栄転しています。 あらすじは、ドラマを見た方ならご存知でしょうし、Wikipediaの項目にも詳しいのであまり詳しくは述べませ…

THE LAST -NARUTO THE MOVIE- / 岸本斉史 / 経塚丸雄、映画になったナルト699.5話のノベライズ

ナルトは700話で完結したんですけど、最終回はエピローグ的なエピソードでした。ナルトとヒナタが結婚して息子のボルトと娘のヒマワリを授かっていました。サクラとサスケも結ばれたようで、娘のサラダが出てきていましたね。 劇場版ナルト「THE LAST -NARUT…

オレたちバブル入行組 / 池井戸潤、ドラマ半沢直樹の原作、出てくるのは悪いおっさんばかり

あのドラマ「半沢直樹」の原作になった池井戸潤先生の、銀行を舞台にした小説。 あらすじや感想を書くのは本当に今更感がありますが、つい最近読みましたので。ドラマは、小説2作目の「オレたち花のバブル組」とで前後編で構成されていました。 「オレたちバ…

都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ / 天祢涼、世襲の都知事が難事件を次々解決

セシューズ・ハイシリーズ2作目の「都知事探偵・漆原翔太郎」。国会議員だった翔太郎が今度は、東京都知事として八面六臂の活躍を見せます。作者の天祢涼先生は私が最近注目している新進気鋭のミステリー作家です。 セシューズ・ハイシリーズと言っても2作し…

民王 / 池井戸潤、内閣総理大臣がバカ息子と入れ替わっちゃった

池井戸潤先生のドタバタSF政治コメディ。タイトルは「たみおう」と読みます。半沢直樹とは違い、舞台は銀行ではなく国会。 謎のテロ組織の陰謀で、内閣総理大臣とドラ息子の人格が入れ替わってしまったことから起こるドタバタ劇を面白おかしく描きます。銀行…

AnotherエピソードS / 綾辻行人、見崎鳴が「もう一人のサカキ」の幽霊に出会う話、新章『Another 2001』と関係も

2013年になって発売された綾辻行人先生のAnother続編のエピソードS。夜見山北中学校で春から夏にかけて起こった凄惨な事件の数々が終わった後、渦中の人物であった見崎鳴(みさきめい)が、主人公の榊原恒一(さかきばらこういち)に「もう一人のサカキ」につい…

島はぼくらと / 辻村深月、瀬戸内海にある架空の島である冴島を舞台にした高校生4人の物語

五十嵐大介先生の装画が目を引く辻村深月先生の長編小説「島はぼくらと」。瀬戸内海にある架空の島である冴島を舞台にした高校生4人の物語です。冴島は人口3000人ほどの離島、次に紹介する高校生4人は島出身の同級生です。島には他に同学年が いません。 地…

北天の馬たち / 貫井徳郎、あらすじと感想

貫井徳郎先生の長編小説。ミステリーというよりは人情系のお話です。 登場人物紹介 毅志(たけし) 主人公。母と喫茶店を経営している。他に喫茶店の入っているビルのオーナー業をしている。柔道経験があり、一目見て覚えられるほど良いガタイ。皆藤と山南の探…

死神の精度 / 伊坂幸太郎、音楽大好きで比喩が理解できない死神

伊坂幸太郎先生の短編小説。生死を決定する死神の視点から語られる6人の個性的な人物たちの物語。死神の性格が面白くて、基本的にクールなんですが、少しずれていて比喩を理解できません。 千葉と名乗る死神。名前は何でもよくて、適当に地名を使っているだ…

謎解きはディナーのあとで 3 / 東方篤哉、 3で完結となりました。キャラが魅力的ですが飽きが怖いという事かな

ドラマ化、映画化、マンガ化、舞台化とメディアミックスしまくりの東方篤哉先生の出世作「謎解きはディナーのあとで」。この3で一応の完結を迎えます。主要な登場人物は3人、風祭、宝生、影山の3人だけ。 軽妙なやり取りで事件が解決されます。動機や後日談…

ツナグ / 辻村深月、あらすじと感想、続編早く単行本化しないかな

辻村深月先生の映画化もしている短編小説。タイトルにあるツナグとは、死者と一度だけあわせてくれる人のことを指します。使者と書いてツナグと読みます。 死者と会うためのルールは、 生きている人が死者に会うことができるのは一度だけ 一度生きている人に…

広告