読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

[読書] 東川篤哉

探偵少女アリサの事件簿 / 東川篤哉、あらすじと感想(ネタバレ注意)

森ゆきなつ先生によって漫画家もされている東川先生のライトな推理小説。サブタイトルは「溝ノ口より愛をこめて」。 キャラクター紹介 キャラ名 説明 橘良太 31歳独身、24個を2千個と誤発注したことで仕事をクビに。どんな仕事も請け負う便利屋になありアリ…

純喫茶「一服堂」の四季 / 東川篤哉、安楽椅子探偵が猟奇殺人事件の真相を次々看破

東川篤哉先生の推理小説。どんな小説か述べる前にまずキャラクター紹介から、 キャラ名 説明 安楽椅子 みんなからヨリ子さんと呼ばれる純喫茶「一風堂」を営む女性 村崎蓮司 放談社の雑誌「週刊未来」の雑誌記者 天童美幸 鎌倉からちょっと離れたド田舎の葉…

魔法使いと刑事たちの夏 / 東川篤哉、魔法で犯人に自白を強要する推理モノ風エンターテイメント小説

小山田聡介刑事が主人公の、推理モノの皮をかぶったエンターテイメント作品。小山田聡介をサポートするのが、魔女のマリィ。正真正銘の魔女で、魔法を使って真犯人を自白させたりしちゃいます。そんな聡介が惚れているのが39歳と妙齢の先輩である椿木綾乃警…

探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2 / 東川篤哉、エアコンとしてもミステリとしても霧ヶ峰の宿敵が登場

鯉ヶ窪学園を舞台にした霧ヶ峰涼シリーズの第2弾。 男みたいなエアコンみたいな名前の女子高生2年の霧ヶ峰涼が主人公の学園ミステリー。探偵部の副部長として、難事件?を次々に解決していきます。ドラマ化もされており、川口春奈さんが主人公を演じました。…

謎解きはディナーのあとで 3 / 東方篤哉、 3で完結となりました。キャラが魅力的ですが飽きが怖いという事かな

ドラマ化、映画化、マンガ化、舞台化とメディアミックスしまくりの東方篤哉先生の出世作「謎解きはディナーのあとで」。この3で一応の完結を迎えます。主要な登場人物は3人、風祭、宝生、影山の3人だけ。 軽妙なやり取りで事件が解決されます。動機や後日談…

私の嫌いな探偵 / 東川篤哉、あらすじと感想

烏賊川市シリーズの短篇集。本書のタイトルでドラマ化され、最近DVD & Blu-rayが出ました。烏賊川市シリーズは、鵜飼探偵とその助手戸村が主役だったんですが、この「私の嫌いな探偵」では助手の戸村に変わって、探偵事務所のあるビルのオーナーである二宮朱…

ライオンの棲む街~平塚おんな探偵の事件簿1~、あらすじと感想

「ライオンの棲む街」は、実在する平塚市を舞台に展開されるユーモアあふれるミステリー作品。東川篤哉先生の新刊です。デビュー作では『烏賊川市』という架空の街が舞台でしたが、今度は実在する街で、地元民にしかわからないような地名が次々に出てきます…

密室の鍵貸します、ユーモアを交えていますが本格ミステリーの傑作でした

烏賊川市シリーズの最初の作品です。 密室の鍵貸します (光文社文庫)作者: 東川篤哉出版社/メーカー: 光文社発売日: 2006/02/09メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 43回この商品を含むブログ (51件) を見る 密室の鍵貸します (光文社文庫) 短篇集は以前読ん…

はやく名探偵になりたい、ミステリーを普段手に取らない人がターゲットでしょうけど、無理やりの展開が多すぎ

東川篤哉氏の作品です。この『はやく名探偵になりたい』は烏賊川市シリーズという、鵜飼探偵とその助手戸村を主役とした推理小説シリーズの一つです。これまでに紹介した東川作品と同じく短篇集です。これも深夜ドラマになってますね。 なかなかまとまった時…

放課後はミステリーとともに / 東川篤哉、あらすじと感想

東川篤哉作品を読んだのはこれが3作目。この『放課後はミステリーとともに』はドラマ化されているようです。東川先生売れっ子作家ですねー。 放課後はミステリーとともに (実業之日本社文庫)作者: 東川篤哉出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2013/10/04…

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?は推理モノに見せかけたエンターテイメント小説だった

謎解きはディナーの後でに続き、東川篤哉氏の推理小説を読みました。推理小説ではありませんでしたけど。 魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?作者: 東川篤哉出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブ…

謎解きはディナーのあとで / 東方篤哉、あらすじと感想

いまさらですが、読みましたので。 謎解きはディナーのあとで作者: 東川篤哉出版社/メーカー: 小学館発売日: 2010/09/02メディア: 単行本購入: 25人 クリック: 2,286回この商品を含むブログ (407件) を見る ドラマ化もしていますし、世間の皆様はすでに内容…

広告