読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

アダムとイブ / 山本英夫 / 池上遼一(1)(2)、透明人間と超人的な五感を持つヤクザの戦い

広告

アダムとイブ(1) (ビッグコミックス)

原作と作画でものすごい大物の組み合わせになっている「アダムとイブ」。どんなおどろおどろしい世界が、濃密な劇画で描かれるのかと思って読んでみましたが、いい意味で期待を越えて、裏切られました。

描かれているのは、透明人間とヤクザの戦い。透明人間は男女の2人組、対するヤクザは7人。ただ、このヤクザも普通の人間ではありません。

あらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

Club姫というクラブに集まった7人のヤクザ、ホステスたちは全員顔が見えないようにサングラスをかけていました。ここでの会話を漏らせば、地獄が待っているとか。ヤクザたちは、組長から若頭、ヒットマンから下っ端まで縦の垣根を越えて「同じ意思」のもとに集まっていました。

会合を指揮しているのはスメルという最も若そうな優男。登場するなり、蒸留酒をロックで鼻から呑みます。一見つながりのない位の違うヤクザたちが繋がることで、裏であり影であり秘密でもある場所から、ヤクザの世界をコントロールするという野望を語ります。

そのスメルが突如「漏らした奴は誰だ?」と全員をにらみつけます。においだけで裏切り者を特定するという超人技を見せるスメル。彼氏にこの会合を話してしまったホステスを、桜井という大男がえげつなく痛めつけようとしたとき、両目が陥没して、下あごに拳のかたちがついて後ろに吹き飛びます。

何が起こったのかわからず、叫び怯えるホステスの口をナイフで引き裂くメガネのヤクザ。そのナイフについた血をなめて、「こうでもしないとまた泣き叫ぶあさはかな女」「血は嘘をつかない」と言います。味覚ですべてを理解する超人ヤクザでした。味見してやろうとナイフを構えた瞬間に、そのナイフが手から離れ、眉間に突き刺さります。

常識にとらわれるのは危険だと、透明人間の可能性を指摘するスメル。においで部屋の中に人間が増えたことを認識していました。「味」が死にましたが、スメルを含む残り5人は「視」「聴」「触」「嗅」で常人を凌駕している感覚を持つスペシャリスト。透明人間と戦うにふさわしい超人たちでした。

板橋という男が銃を持って立ち上がります。色覚異常を持ち、温度をサーモグラフィーのように識別し、透明人間の足跡を追います。足跡が向かう位置を捕らえて銃を構えた時に、もう一つの異なるサイズの足跡があることに気付き、顔面に足の形がついて後ろに吹き飛びます。透明人間が男女2人であることに気付くヤクザたち。

聴覚に優れた墨田は、自動小銃を乱射してホステスの叫び声の反射で透明人間の位置を特定します。重力をものともせず壁や天井を走ってかわす透明人間。墨田にだけ聞こえる音量で、トラウマをささやき続け、自身の心音に耐えられなくなったところで墨田は恐怖から逃げるために死を選びます。

仲間が殺される極限状況にあって、ホステスの体をもてあそぶ港という男。この男は「触」でした。相手の体の一部に触れただけで、中身を理解して動きを支配する港は、透明人間の女に触れ局部に指を差し入れます。その指を中でねじ上げる透明人間の女。そのまま港の背骨をへし折って殺します。残ったのは目の見えない第六感の男とスメル2人だけ。

スメルは落ち着き払っていました。透明人間から感じるにおいには、殺意が含まれておらず、ありとあらゆるにおいを嗅いできたスメルが出会ったことのない何かが含まれていました。透明人間を殺すのではなく、あくまで感じ取ろうとするスメル。目や耳をつぶされ、舌を抜かれていくなかで、2人のメッセージ「五感を越えろ」を受け取ります。スメルは姿を消し、現場には目の見えない第六感の男だけが残りました。

この事件の顛末を解くために現れた、天才姉妹は透明人間を高次元から現れた何かだと言います。量子の世界で言う、見ようとしたときだけ観測される存在。五感に特化したヤクザたちのところに現れたアダムとイブは、自分たちの存在を認識できる子を探していました。その次元に到達できたのは、最後まで2人を理解しようと落ち着いていたスメルただ一人でした。2人の存在を理解したときに、スメルも高次の存在、すなわち透明人間に。

ヤクザ対透明人間から、アダムとイブ、量子の世界へと話がぶっ飛んでいくという超展開のマンガでした。すさまじい個性がぶつかり合って生まれた濃すぎる一作です。面白いことは面白いんですが、読む人を選びそうです。

アダムとイブ(1) (ビッグコミックス)

アダムとイブ(1) (ビッグコミックス)

アダムとイブ 1 (ビッグコミックス)

アダムとイブ 1 (ビッグコミックス)

アダムとイブ(2) (ビッグコミックス)

アダムとイブ(2) (ビッグコミックス)

アダムとイブ 2 (ビッグコミックス)

アダムとイブ 2 (ビッグコミックス)

関連エントリ

phmpk.hatenablog.com

phmpk.hatenablog.com

広告

10月20日発売の注目マンガ

絢爛たるグランドセーヌ(7): チャンピオンREDコミックス

絢爛たるグランドセーヌ(7): チャンピオンREDコミックス

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(4) (ヤンマガKCスペシャル)

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(4) (ヤンマガKCスペシャル)

タレソカレ 2 (ゼノンコミックス)

タレソカレ 2 (ゼノンコミックス)

広告