読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

ACMA:GAME(アクマゲーム)の能力一覧とその役立たなさ

マンガ [マンガ] ACMA:GAME
広告

ACMA:GAME(19) (週刊少年マガジンコミックス)

ACMA:GAME(アクマゲーム)は、「ゲームの勝者が要求するものを敗者からなんでも奪う」力を持つ悪魔の鍵を廻るマンガ。

マンガとしては最終版に差し掛かっていて、ラスボスである先導者(The Guide)と一部キャラを除く全員の能力が明らかになりました。驚きの能力格差で役に立たない能力は本当に役に立ちません。

照朝側の悪魔の能力

名前 能力
一分間の絶対固定(パーフェクト・リミテッド) ゲーム中一度だけ任意の物体を1分間固定する。
肯定する従順羊(イエスマン・シープ) 自身の質問に対し、任意の対象に一度だけ「Yes」で答えさせる。
視界の強制交換(サイト・ジャック) ゲーム中一度だけ、任意の対象者と自分の視界を5秒間交換する。
万物目覚(オールタイマー) 自身が選んだ物体にタイマーとしての機能を付与し、セットした時間に音が鳴るようにする。
閉鎖空間転移(ボックス・トランスファ) ゲームによって作られた閉鎖空間をゲーム終了まで一度だけ地球上の別地点に移動させる。
感染する命令(カンティジョン・プログラム) 物体に命令を仕込み、その物体に手で触れている人間を無意識のうちに命令に従わせる。命令を仕込めるのは一度きりだが、仕込んだ命令はゲーム中永続する。
超配達(スーパー・デリバリー) 壁や床に指で円を描き、その円を通して閉鎖空間外から何でも取り寄せ、持ち込むことができる。持ち込むにはそのモノの所在地を把握し、かつそのモノが通れる大きさの円を指で描く必要がある。
知覚消去(シャットアウト) 指定したモノの存在を、ゲーム終了まで自身の五感から遮断する。

ここまでが、すでに明らかになっている天才高校生たちの能力。オールタイマーとシャットアウトの使えなさが際立っています。スーパー・デリバリーの活躍はご存知の通りで、カンティジョンプログラムは発動すれば必勝ともいえる能力。眞鍋は使い方が雑すぎましたね。

さらに明らかになった照朝側の新能力は、

広告

名前 能力
超目測(スーパーサイズ) 10分間、物の大きさを正確に見極めることができる。
剥き出しの輝き(ラッキー・ティース) 対象の視線を自分の歯に集中させる。視線が遮られるまで有効。
戦場の勘(フロント・ミッション) 10分間、自分の身体能力や感覚が自分の人生で最も研ぎ澄まされた瞬間の状態となる。
野生の嗅覚(インカンスタンシィ) 対象に付着した匂いの種類と多寡を正確に嗅ぎ分ける。

スーパーサイズとインカンスタンシィが役立つゲームが想像できません。フロント・ミッションは、身体能力勝負になればワンチャンありそうですが、もともと体力のない人だと無用の長物な能力ですね。

先導者側の能力

名前 能力
恋の原点(ロリータコンプレックス) 相手の恋愛対象の理想年齢を10歳下げる。
読書感想文(ナツヤスミノアレ) 指定した書籍、または文章について相手に素直な感想を吐露させる。
追跡の序章(パターン・プロローグ) 対象と時間を決めるとその間に対象が触れた場所が光って見える。
許された想い(ロミジュリ) 5分間、閉鎖空間外の任意の人と思念会話できる。
恐怖新聞(ダイレクトメール) 5分間、閉鎖空間外の任意の人(最大10名)に一方通行の伝達ができる。
思念奪取(コスト3) 10秒間、任意の相手の脳内イメージを受け取ることができる。
第七勘(セブンセンス) 閉鎖空間内の人間が悪魔の能力を発動した時、それを感知できる。
鼓動の軌道(ドキドキカウント) 10分間相手の心拍数の変化を感知できる。
鍵穴の漏洩(スローサイト) アンロック済みの悪魔の能力の名前を知ることができる。

ナツヤスミノアレがなんといってもひどすぎますが、素直な感想ってのがどんなものかによっては無理やり活躍させることもできなくはありません。。セブンセンスは、これまでに出てきていればすべてのゲームを根底から変えたであろう強力な能力。コスト3も、まだまだ解釈の余地はありますが、心を読めるといっても過言じゃない表現なので超強力。

ロミジュリと同じような能力ですが、ダイレクトメールもゲームの勝敗そのものには一切関係ない残念な能力。

目立つのはロリータコンプレックスというもはや能力とすら呼べない代物。10歳以下の子が好きな場合は、宇宙の法則が乱れるんでしょうか。

ゲームに参加していない先導者側の能力

名前 能力
拙い身代わり(プア・スケープゴート) 2つの物体の見た目を入れ替えることができる。
操気冷却(アーリアル・チル) ゲーム中1分間だけ冷気を操ることができる。

アーリアル・チルが一つだけ浮いてしまってますね。

おそらく、現在の先導者との戦いが最後のアクマゲーム。ここで活躍する場面がなければ、完全に死に設定だった各種能力たちになってしまいます。少なくとも先導者の能力は明らかになっていないので、どこかで役立つのでしょう。

(2017年3月1日追記)

次回で最終回となったところで、先導者織田清司の能力が明らかになりました。

名前 能力
記憶の共有(ファルコンクジョー) 任意の相手と記憶を共有する。

2017回のアクマゲームをこなした先導者が一度も使わなかった能力。先導者は天の知識書で全知で得た記憶を持っているので、記憶を相手と共有すれば、相手の脳みそがパンクして死んでしまいます。アクマゲームの対戦相手に使うと、相手を死なせてしまうことにより閉鎖空間が解けなくなるという最強なのに使えないという素晴らしい能力でした。

ファルコンクジョーは、恵先生の前作ブラッディ・マンデイに出てきたファルコンこと高木藤丸と、その幼馴染・親友・妹の夫である九条音弥の名前を合わせたものですね。

ACMA:GAME(19) (週刊少年マガジンコミックス)

ACMA:GAME(19) (週刊少年マガジンコミックス)

ACMA:GAME(19) (講談社コミックス)

ACMA:GAME(19) (講談社コミックス)

ACMA:GAME アクマゲーム コミック 1-17巻セット (講談社コミックス)

ACMA:GAME アクマゲーム コミック 1-17巻セット (講談社コミックス)

関連エントリ

phmpk.hatenablog.com

phmpk.hatenablog.com

phmpk.hatenablog.com

広告

広告