読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

テンプリズム / 曽田正人(1)-(12)、骨の国にまつわる深いテーマをほっぽり出してオロメテオールでバルス唱えちゃった

マンガ [マンガ] 完結済のオススメ
広告

テンプリズム12【電子特典付き】

11巻が出た時点で、巻末に12巻で最終巻という予告が出ていたので驚きました。そのままいろんな要素を置き去りにして完結してしまいました。

生まれながらにして天然のオロメテオールという絶大な力を持つ主人公ツナシと、科学の力で他国を侵略して勢力を広げる骨(グウ)の国、という2つの対立軸。主人公よりも登場シーンが圧倒的に多いのが骨の国のアモウ、ベルナ、ニキ・メノンの3人。読者はどうしても骨の国視点になってしまいます。

侵略国家「骨の国」

  • ライタイトという鉱石から取り出したエネルギーが文明を支えており、侵略に使う兵器もライタイトで動く無人の機械兵で、反乱もなく平和な国家

  • 40歳を超えると、高齢者として天国に送られるため、少子高齢化問題が存在しない。

  • 天国はライタイトの力で上空に浮かぶ介護施設。

  • 一部の兵士はライタイトから得られたエネルギーを魔力(モリ)に変えて使役。魔力と魔力がぶつかると大きい方に吸収されるだけで何も起きない。そのためライタイトを使った兵器で反乱が起きず、平和が保たれている

  • ほぼ完全な能力主義だが、40歳で天国に行くこともあり、貧富の差がほとんどない

  • 優秀な若者が能力を発揮して、自国は平和なままに、自国の優れたシステムを他国にも適用するために侵略を繰り返す。骨の国が恐れているのは超常の力で機械兵を紙くずのように吹き飛ばすオロメテオールだけ

広告

結末と感想

オロメテオールとは何なのか、骨の国のシステムを壊して良い未来を築けるのかという大事な部分を吹き飛ばし、オロメテオールですべてのライタイトのエネルギーを吸い込んで無効化し、どっちも消えてなくなっちゃうという結末でした。

人間が持続的に平和に暮らせるシステムをどう構築するのかってのは、深く重いテーマで単純な善悪だけで決着が付けられないので、どうしても終わらせ方が難しくなりますね。

まったく別の漫画ですが、サンデーで連載しているマギも、終わらせ方が難しくてテンプリズムと同じパターンになるんじゃないかなと危惧しています。ちんたら過去のシンドバッドと順番に対決していますが、アラジン側が勝つのは読んでるみんながわかっている上に、伏線回収もありません。興味があるのは、最終的にどんな世界が作られるのかという一点。

マギも、人間だけがいる世界で魔法とルフの力を全部なくして、みんなでどう発展していけばいいか考えよう、みたいなすべての力を失くすエンドになるような気がします。

テンプリズム12【電子特典付き】

テンプリズム12【電子特典付き】

テンプリズム 12 (ビッグコミックス)

テンプリズム 12 (ビッグコミックス)

関連エントリ

phmpk.hatenablog.com

phmpk.hatenablog.com

広告

広告