PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

Ubel Blatt / 塩野干支郎次(20)、グレンに力を与えた闇の異邦の一族が登場、ケインツェルはグレンを討つ刃の制作を開始

広告

Ubel Blatt?ユーベルブラット? 20巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

前回のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

ケインツェルの復讐も最終盤、残すはグレンとイシューディーンの2人となっています。そのケインツェルと交戦するグレンの部下スパズ。

20巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. スパズがケインツェルに討たれ、ロズグナーは撤退を決めます。そのロズグナーの船を魔導兵器で攻撃したのはバラント。みんなレベロント侯の子どもたちです。バラントは、家族を皆殺しにされましたが私心を捨ててグレンを倒そうとするケインツェルに協力することを決めていました。

  2. 対するグレンは、暗殺者と戦っていました。暗殺者を倒したグレンは、「我ら七人に力を与えておきながら、手に負えなくなったら暗殺か」という意味深な発言。

  3. ケインツェルは、グレンを倒す剣を手に入れるために山の王のもとで、妖精鉱を手に入れます。アトとケインツェルの2人は、妖精鉱を使ってグレンと戦うための刃の制作を開始。

  4. エルサリアのもとには、ヴラグ・アリジュの娘レジェ・レヴィータと名乗る少女が現れます。ヴラグはグレンを暗殺しようとして返り討ちにあった男で、レジェの口からグレンたちが力を持つまでの真実が語られます。

  5. アシェリートたちによる封印で、闇の異邦の一部は人間の世界に取り残され、残党狩りによって壊滅させられていました。レジェの一族はあの7人に接触して、闇の異邦の技術を提供することで庇護を得ようとして、実際に成功していました。しかし、グレンはレジェたち一族の思惑を超えて、闇の異邦の封印を解いて侵攻し、支配することを企てていました。グレンに力を与えてしまったことを悔い、エルサリアに助力を願い出るレジェ。

  6. ケインツェルの刃が完成し、アルギドを切り裂きますが、グレンもまた妖精鉱を使って兵器を作り上げていました。グレンの船から巨大なレーザーが放たれ、大地が削り取られて空に闇が広がります。

グレンをさらに裏で操る闇の異邦、という展開はこれでなくなりましたね。闇の異邦の封印が解けてラスボスが出てくるということもなさそう。やはり最後は、ケインツェルとイクフェスがグレンを破る事になりそうです。

Ubel Blatt?ユーベルブラット? 20巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

Ubel Blatt?ユーベルブラット? 20巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

ユーベルブラット(20) (ヤングガンガンコミックス)

ユーベルブラット(20) (ヤングガンガンコミックス)

広告

広告