PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

大ダーク 9骨 てんでダメ丸ショー / ゲッサン2020年2月号、光力塊から命を狙われる4番目の男ダメ丸が登場

広告

大ダーク (1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

8話のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

その骨を手に入れればどんな願いも叶うと言われ、全宇宙から命を狙われる男ザハ=サンコ。ブラックホールを抜けてやってきた闇の世界クライで宇宙船モージャ号を手に入れます。

宇宙船に必要な物資を移動商店船マルテクヤから調達し、友人の死ま田=デスと再会。マルテクヤの中で、光力塊が作り出した生ロボと呼ばれる生きた奴隷から、骨と肉を回収します。

9話のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 光力塊が「4匹の害悪」と呼んで抹殺司令を下しているのがザハ=サンコ、闇のニーモツ・アバキアン、死ま田=デス、一(はじめ)=ダメ丸の4人。その1人である一=ダメ丸が、惑星イーンを訪れていました。惑星イーンは、星全体が巨大な病院で、全てのイーン星人が意思の技術を有しているという星。

  2. 全身がボロボロで骨折に銃創、内臓が見えるほどに傷ついた一=ダメ丸は、本名がバレることを恐れて、イーン星の三流医者のもとへと向かいます。光力塊のおえらいさんだけが使える特別な薬である「薬光器」を傷口に入れて治療を受ける一=ダメ丸。医者に向かって「何をそんなに怖がってる?」と言い、驚く医者にちょっとした力があるからわかると言います。

  3. 医者は光力塊の息がかかっており、病院を出た一=ダメ丸はすぐに光力塊の兵たちに狙われます。罠にかかったと気づいたダメ丸は、全身を骨の鎧で覆った姿へと変貌しますが、体内の薬光器に似せた爆弾が爆発して四散します。

  4. その頃、モージャ号の中ではザハ=サンコが「みぼすぱん」を作っていました。あらゆる食材が粉末と液体の状態に加工されており、全てが電子レンジ調理で完結するようになっていることがわかります。ちなみに、みぼすぱんはミートボール(みぼ)+スパゲッティ(す)+パンのこと。焼きそばパンの容量で、パンにミートボールスパゲッティをはさみます。

一=ダメ丸だけは、他の3人とまったく無関係で、なぜか光力塊から命を狙われているようですね。ほぼ半分がみぼすぱんのレシピに費やされた巻頭カラー。相変わらずシリアスな中で、砕けた雰囲気を醸し出します。

広告

広告