PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

サタノファニ / 山田恵庸(10)、幹部たちを倒して組長水野との最終決戦

広告

サタノファニ(10) (ヤングマガジンコミックス)

9巻のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

巨大クルーズ船のワンナイトクルーズに招待された、殺人鬼の人格を宿す少女たち。広域暴力団組長の水野暗殺の指令が下されます。

水野の部下は、変態な上に武術や格闘技の達人ばかり。激しい戦いが繰り広げられます。組長の息子である流動仁奈が寝返ったことにより、組長を誘い出すことに成功します。

10巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 千歌は元女性プロレスラー神埼を撃破。治療のために女医のところに向かい、船の底にはいつでも爆破させられる爆弾が仕掛けられていることを知ります。

  2. おびき出した組長と部下で盲目の剣の達人を引き離して、4人で組長水野に襲いかかります。しかし、異常に鍛えられた筋肉をまとい柔道の達人である組長は4人がかりでも歯が立ちません。螺旋階段の一番下まで落としますが、それでも手傷を追わせられません。

  3. 組長が階段を登ってくるまでに部下全員を倒すメデューサたち。全員揃って、階段を登ってきた組長に再び全員で襲いかかります。千歌がワイヤーを使って、組長と一緒に4階から飛び降ります。受け身を防ぐために空中で体勢を変えて、組長のお尻にポールが突き刺さるよう誘導。ポールが組長を貫きます。

それなりに長かった天童組との戦いもほぼ決着。男性死刑囚からヤクザと来て、インフレするなら特殊部隊との戦いでしょうか。千歌兄もそろそろ出てきてもいい頃ですが。

サタノファニ(10) (ヤングマガジンコミックス)

サタノファニ(10) (ヤングマガジンコミックス)

サタノファニ(10) (ヤンマガKCスペシャル)

サタノファニ(10) (ヤンマガKCスペシャル)

広告

広告