PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

ワルキューレのキコ / 天王寺キツネ / 阿倍野ちゃこ(1)(2)、巨神族と戦うワルキューレを選ぶサバイバルバトルに身を投じる少女

広告

ワルキューレのキコ 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ヤングチャンピオン烈に連載している夫婦合作の少女たちが戦うマンガ。別の次元から巨神が侵攻してくるという設定で、その巨神族と戦う「神に選ばれし戦士」になるため、少女たちが否応なく戦わされます。

主人公の姫子(キコ)は、7年前に神に選ばれし戦士として巨人族と戦った姉の羽華(ワカ)を亡くしていました。

1巻と2巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 神に選ばれし戦士は葬送姫(ワルキューレ)と呼ばれていました。葬送姫候補同士で戦って、相手の力を得る「戦礼」を終えるよう告げられる姫子。葬送姫候補に、姫子の親友である壬生(みおう)が選ばれてしまいます。

  2. 葬送姫候補となり、神器を手に入れた壬生は、秘めていた思いを爆発させて家族を惨殺。姫子に襲いかかります。姉の使っていた神槍で壬生を倒す姫子。

  3. なぜ親友同士で殺し合わなければならなかったのかという問の答えを求めて、姫子は東京にいる羽華の親友にして7年前の葬送姫に会いに行くことになります。

  4. 東京に来た姫子に、穏便に戦礼を収めることを目的とした「友愛会」のカザミ・真琴・君江の3人が接触してきます。3人が恐れているのは、弓矢の神器を持つ好戦的な海神ミズホという候補。そのミズホは、糸の神器を操る龍堂院静火(シズカ)という候補にあっさりと殺されます。

  5. 「姫子は私のもの」と話す静火は、姫子の記憶が奪われており、すでに姫子が葬送姫として戦った経験があることを告げます。

まだまだ伏線を広げている段階で、かわいい少女たちが戦っている描写が続きます。ワルキューレとは言うものの、プロット的にはいわゆる魔法少女モノになっていますね。まどか☆マギカとかぶる部分が多々あります。

ワルキューレのキコ 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ワルキューレのキコ 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

広告

広告