PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

空電ノイズの姫君 / 冬目景(1)、美人転校生とギタリストの娘、弟を亡くした大学生バンドが集まって奏で始める物語

広告

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)

コミックバーズに連載している冬目景先生の最新作。英語のサブタイトルは「Rocky Princess」となっています。

1巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 主人公の保坂磨音(マオ)は高校生2年生。父はかつて売れっ子バンドのギターで、今もギタリストとして活動していました。幼い頃からギターを手にしていたマオは高い演奏技術を持っていました。

  2. マオのクラスに転校してきたのが支倉夜祈子(ヨキコ)。抜群の容姿ですぐに人気ものになりますが、女関係にだらしないイケメンに付きまとわれ、陰湿な嫌がらせを受けるようになります。もともと一人でいるのが好きだということもあり、マオと打ち解けていきます。

  3. 父のバンドメンバーのつてで、マオをギターでバンドに加わって欲しいと言ってくる大学生の高瀬と日野。高瀬はマオを見た目で見下しますが、録音された演奏を聞いて謝り、バンドに加わって欲しいといいます。高瀬のバンドは、高瀬の弟がギター・ボーカルでしたが、事故で亡くなっていました。

  4. 弟が完成させたかった曲のためにバンドに加わるマオ。父のバンドが活動をやめたのも、同じくメンバーが事故で亡くなったからで、放っておけませんでした。

父がいたバンドのCDを持っている支倉がボーカルとして加わるのはほぼ確定でしょう。ジャズではなく、クラシックな路線のバンドということですが、やはり絵から音が出ないので、そのあたりの感覚はちょっとわかりません。

空電ノイズの姫君  (1) (バーズコミックス)

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)

関連エントリ

phmpk.hatenablog.com

phmpk.hatenablog.com

広告

広告