PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

魔法少女・オブ・ジ・エンド / 佐藤健太郎(15)、悪魔の儀式により全次元の人類が消滅して最終巻へ

広告

魔法少女・オブ・ジ・エンド 15 (少年チャンピオン・コミックス)

前回のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

姫路が致命傷→悪魔の力を制御していたマリアの核の力が弱まる→忍の中の悪魔が暴走を開始。悪魔による世界崩壊を止めるために、姫路を復活させて説得し、味方につけます。もう一つの世界線へ跳んで儀式の力で悪魔の暴走を止めることになります。

15巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 14巻の最後、儀式を姫路から奪い取ったのは忍の父親である白金宗でした。

  2. 傍観者に徹していた無六の口から、姫路に終焉黙示録を渡したのがつくねであることが明らかになります。貴衣と結ばれたかったつくねでしたが、自分が魔法少女であることを理由に身を引いており、心のなかに世界の改変を願う気持ちがありました。

  3. 世界線を跳ぶのを邪魔しようとする悪魔を止めたのは芥。激しい戦いで芥は死にますが、自分の中の亜種魔法少女を悪魔に寄生させて忍の意識をよみがえらせることに成功。

  4. 白金宗が儀式を行おうとしているところに到着した貴衣たち。そこで死んだはずの白金宗の意識が真壁のものであることが明らかになります。白金宗も真壁も、脳から脳へ人格を移してきた黒幕に操られていただけで、その正体は魔女の夫だった黒呂木零。黒呂木零は儀式を発動させて宇宙を新たに創世します。

  5. 姫路に連れ去られたはずの高校生の貴衣とつくねがここで覚醒。そばにはおとなのつくねの姿がありました。3人以外の全次元の人類が死んだと話す大人つくね。

次巻で完結のようですが、ここから3人でどうやって黒呂木零を倒すんでしょう。とりあえず悪魔にまつわる伏線は15巻でほぼすべて明らかになりました。

絶大な力を持つ悪魔と戦ってきた祓魔師たちが、悪魔の力を弱めるために悪魔との子供をもうけたのがすべての始まり。生まれたのが魔女で、さらに悪魔の力が13人の魔法少女たちに分散されました。それを1つに戻す方法を祓魔師たちが終焉黙示録という形で残していたものを、黒呂木が利用しようとして、魔女に近づいて暗躍していたんですね。黒呂木が暗躍しているのを、無六レイルはずっと傍観していました。

現時点で謎なのは、作り変えられた宇宙で生き残っているつくねの魔法の正体ですね。

魔法少女・オブ・ジ・エンド 15 (少年チャンピオン・コミックス)

魔法少女・オブ・ジ・エンド 15 (少年チャンピオン・コミックス)

魔法少女・オブ・ジ・エンド 15 (少年チャンピオン・コミックス)

魔法少女・オブ・ジ・エンド 15 (少年チャンピオン・コミックス)

広告

広告