PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4)、完璧にトリックを実行して読者を煽ってくる高遠遙一

広告

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (週刊少年マガジンコミックス)

3巻のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

金田一少年の事件簿を犯人視点のギャグ・コメディ調で描くスピンオフ。カイジの一日外出録と並んで、私が最も好きなスピンオフです。4巻はとうとう待望の「地獄の傀儡師」高遠遙一が登場しました。

4巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. これまでトリックを成し遂げるために如何に苦労するのかが多かったこの外伝にあって、超異質な存在だった高遠はやはり普通ではありませんでした。あらゆるトリックを計算づくで実行し、金田一の推理で捕らえられた後も残っていた殺人を計画通り実行。さらにあっさり脱獄までやってのけます。トリックを仕掛けているときに、読者に向かって「見てて面白いですか?」と煽ってくるのが最高です。

  2. 4巻の残り2つの事件は「魔神遺跡殺人事件」と「首吊り学園殺人事件」。事件が起こる前から、ずっと一人二役をやってきていた家政婦という設定で始まる魔神遺跡殺人事件。娘が連れてきた彼氏っぽい金田一が、ジャニーズのイケメンに激似だというギャグに耐えられず吹き出しました。

  3. 「首吊り学園殺人事件」は、凄まじく緻密に計算されたトリックで、金田一に間違った推理を完璧に誘導するところまでうまくいくも、カンニングと異常な筆圧という完全運要素で破綻するという悲しいギャグ展開でした。

あとがきによると、高遠を出す予定はなかったけど、BOOK☆WALKER犯人総選挙で1位になったから漫画化せざるを得なくなったとのことでした。そして、開き直ってあの描写に。

5巻の予告は、「黒死蝶殺人事件」「飛騨からくり屋敷殺人事件」「怪盗紳士の殺人」の3つ。すでに無理がありそうな展開が見えるのは、首狩り武者ですね。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (週刊少年マガジンコミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (週刊少年マガジンコミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (講談社コミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (講談社コミックス)

広告

広告