読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

キャタピラー / 村田真哉 / 速水時貞(8)、クワガタ連合をぶっ飛ばすカブトムシ、パラポネラ対クモに決着

マンガ [マンガ] アラクニド
広告

キャタピラー 8巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

「アラクニド」に登場した芋蟲が主人公のスピンオフ。原作はアラクニドと同じ村田真哉先生。作画は匣咲いすか先生が担当していたんですが、3巻まで進んだ所で27歳にして急逝されてしまいました。2014年に入って作画担当を速水時貞先生が引き継いで連載再開されています。

姉の死の真相をつかむべく、鳳蝶(アゲハ)と名乗る人物の誘いに乗って国内最大級クルーズ船に乗り込んだ芋蟲。次々に襲いかかってくる蟲たち。

ハナカマキリと合流した芋蟲の前に現れたのは、芋蟲の師匠である岩峰正一郎。1対1でパラポネラに挑んだキノハダカマキリでしたが、船が一瞬揺れた時に生じた隙に、パラポネラの腕の剣に腹を貫かれます。様子見していた先代蜘蛛対パラポネラの戦いが始まります。

8巻のあらすじと感想(ネタバレ注意)

カブトムシ対クワガタ

広告

カブトムシの前に姿を現したかつての教え子4人組は全員クワガタ。小さい女の子が姫鍬形(ヒメクワガタ)、マッチョが深山鍬形(ミヤマクワガタ)、長身の女性が鋸鍬形(ノコギリクワガタ)、デブが根太鍬形(ネブトクワガタ)

ヒメクワガタはカブトムシを「知識も経験も乏しいただの素人」「力押しのハッタリ」と挑発し、小柄な体躯を活かして懐にもぐりこんだ後は拳銃を取り出して腹に向けて発砲します。死んだかに思われたカブトムシでしたが無傷。「力さえあれば技なんていらない」と豪語し、内臓は鋼板で覆っていました。ヒメクワガタを海にぶっ飛ばした後は、ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタ・ネブトクワガタを撃破します。

全員撃破かと思われましたが、最初に倒したヒメクワガタが海から戻ってきて別人格を表します。ヒメクワガタの妹の人格は、その小さな体でカブトムシに匹敵する怪力を出す大鍬形(オオクワガタ)。

パラポネラ対クモ

にらみ合ったパラポネラとクモ、最初に動いたのはパラポネラでした。大音量の叫び声で機先を制して、相手が硬直した一瞬で銃弾を撃ち込みます。

先制攻撃を仕掛けたのがパラポネラなら、罠を張っていたのがクモ。相手が寸分違わず急所を撃ってくることを見越して、急所に糸を張って防御していました。

トドメを刺そうと不用意に近づいたところで、クモの糸に絡めとられて絞殺されます。このときクモが勝ったことが、本編アラクニドでパラポネラがクモを狙うのに繋がったんでしょう。

アゲハのもとに向かう芋虫たち、待ち受けるアゲハと一緒にいるのは眼光鋭い蟲オーダー1位の男。オーダー3位の芋虫の師匠と何らかの因縁があるようですね。

多数の登場人物が出てきましたが、オーダー的にも強者に洗練されてきました。そろそろ収束に向かいそうです。

キャタピラー(8) (ヤングガンガンコミックス)

キャタピラー(8) (ヤングガンガンコミックス)

キャタピラー 8巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

キャタピラー 8巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

関連エントリ

phmpk.hatenablog.com

広告

広告