PHMPK.LOG

漫画、ゲーム、投資、育児

広告

鉄拳チンミ Legends 137話/ 月刊少年マガジン2018年6月号、タンタンとシーファンを追うヒョウカン、グガンを貫く御館様の刃

広告

鉄拳チンミLegends(24) (月刊少年マガジンコミックス)

136話のあらすじと感想

phmpk.hatenablog.com

対峙するチンミとスイセイ。侵攻する国軍。サス大隊長を襲った後、自分に下された任務の理由を確かめに戻るグガン。セキトと合流して爆破を止めるべく動き出したタンタンとシーファン。

137話のあらすじと感想(ネタバレ注意)

広告

  1. 爆破の点火場所に当たりをつけて動き出したセキトたち。その姿を、ヒョウカンが見つけて追いかけます。

  2. 御館様とユウジョのやりとりにより、門外不出の秘薬の核となっているのが、宮廷献上薬「龍丸」であり、都から届いていることが明らかになります。

  3. 御館様とユウジョが離しているところにやってきたグガンは、サス大隊長の放った息子という言葉の真意を問います。暗殺に失敗した上、敵の言うことを真に受けたグガンを睨む御館様は、暗器によりグガンを突き刺します。

シーファンまたはタンタンとヒョウカンの戦いになりそうですね。万全の達人同士の戦いになりそうで嬉しい所。グガンは確実に死んでないでしょう。チンミ側に付く展開が来るかな。

広告

広告